電気の周波数

全国共通でないものの一つに電気の周波数がある。
この周波数、関東が50Hzなのに対して関西では60Hz。
どうして全国共通ではなく、このように違いがあるんだろうか。
この理由は明治時代にまで遡る。
日本で初めての電気事業がスタートしたのが1886年のこと。その後需要が増えていった為、電力会社では海外から最新式の発電機を輸入した。
その時に、東京の電力会社はドイツから50Hzの発電機、関西の電力会社ではアメリカから60Hzの発電機をそれぞれ輸入した。
この時の差が現在まで続いている。
現在、この50Hzと60Hzを分けているのが静岡県の富士川町という所で、富士川を堺に北海道、東北、関東が50Hz、中部、関西、四国、中国、九州、沖縄が60Hzとなっている。
最近では電気製品の殆どがどちらの周波数でも使えるようになったので、気にすることはなくなった。
狭い国土に異なる周波数というので全国統一しようという話もあるみたいだけど、現実には難しい。
と言うのも、電力会社はそれぞれの周波数での設備があり、これをそっくり変えるとなると膨大な費用がかかってしまうから。
戻る

Copyright© 2001-2009
クールの裏部屋
All rights reserved.